オフィシャルブログ

集合住宅の宅配ボックスは貴方の私物じゃありません。

どういう事なのか説明致します。
最近、配達しているエリアでアパートやマンションに割と宅配ボックスが設置されていますが、荷物が入っていないにも拘わらずロックされているのを良く見かけます。
宅配ボックスにも様々な種類が有り私の言っているのは自分で任意の暗証場号を入力するタイプの物です。

通常は荷物を入れ、任意の暗証番号でロックし不在票にボックス番号と暗証番号を記入して、お客さんはそれを見て開けるという仕組みです。

これを逆手にとり同業者が自分の荷物をいつ来ても入れられる様にしているのです。
まずこのような行為は違法で在ることを自覚して頂きたい。
建物の共有物を私物化している事。
本来なら届けられた荷物を届けられ無かった事で運営会社及び、お客さんに損害を与えている事。
我々の配達を妨害している事。

したがって自分だけが利益を得ている状態なので威力業務妨害罪ならびに横領罪そして場合によっては、これによって生じた損害賠償請求も考えられます。

軽い気持ちでやっているのなら自分がやっている事の重大性を認識して下さい。

今回は敢えて同業者の方に老婆心ながら忠告しておきます。

タダより高いモノは無いのです。